A MACHINE IS REPAIRED.

医療との親和性

立体物の造形が可能な3Dプリンターは、企業や大学など様々な場所で活躍が期待されています。
数々の活用場所の中でも、非常に効果的に利用することが可能と言われているのが、医療分野での利用です。
医療の分野では、模型など立体物を必要とする場面が多く存在します。そう言った際に、3Dプリンターは非常に効果的に利用することが出来るのです。

3Dプリンターを医療に活用したという事例は数多く報告されています。
例えば、義足の製作に利用された事例があります。患者の足のデータをスキャンし、そのデータを用いてパソコン上で義足をデザインすることで、患者に合わせた義足を作り出すことが出来たそうです。
義足だけでなく、臓器などの印刷も研究されているそうです。人間の臓器を複製することで、臓器移植のリスクを軽減することが出来るのです。
最近では、皮膚を印刷するための研究も行われています。
また、頭蓋骨や顎など、体の骨を複製することも出来ると言われています。実際、高齢者の顎として、3Dプリンターで作成したチタン製の顎が使われた事例があるそうです。
体の一部として埋め込むだけでなく、障害を持った方や体の不自由な方への補助器具を印刷することも容易だそうです。
3Dプリンターを使えば、体の変化に応じて部品などのサイズを調節することも可能なことから、非常に親和性が高いと言われています。
他にも、様々な分野で3Dプリンターは活用されています。医療と3Dプリンターの親和性は、非常に高いのです。