A MACHINE IS REPAIRED.

二つの故障原因

pcは、便利な機械であると同時に、不具合などを起こしやすい機械でもあります。精密機械であるため、実は慎重に扱わなければいけないものでもあるのです。
pcの不具合によって、起動ができなくなったり、周辺機器が使用できなくなったりする他、深刻な症状だとデータの消失などが発生してしまうことがあります。
pcを大事なデータの保管場所として利用している方も多く、データの消失によって重要なトラブルに発展してしまうことも少なくありません。
そのため、pcの故障は定期的なトラブルで予防し、万が一発生してしまった場合には、適切な復旧作業を行う必要があるのです。

故障してしまったpcを傷つけずに復旧させるためには、原因を正しく突き止めることが大切です。故障の原因によって、復旧の可能性や復旧方法が大きく異なるからです。
pcの故障原因の多くが、データを司るハードディスクドライブの故障によるものです。
ハードディスクドライブの故障の要因には大きく分けて2つあり、そのどちらが原因か把握することで復旧手段を選択することが出来ます。
まず一つ目は、物理障害と呼ばれる障害です。これは文字通り物理的に破損してしまったことにより発生してしまった障害で、復旧の難易度が高いタイプです。
物理障害を防ぐためには、衝撃などを与えないようにすることが大切です。
そして、論理障害です。こちらは、ハードディスクを読み取るためのプログラムに何らかの不具合が発生しているパターンで、データの復旧が可能なことが多いです。
業者に依頼して正しく復旧作業を行なうことで、殆どの場合はデータをよみがえらせることが可能です。
ハードディスクの不具合のパターンを把握し、正しく復旧作業を行なうことが大切なのです。