A MACHINE IS REPAIRED.

作り出せるもの

3Dプリンターは、従来の物づくりの常識を変える、非常に革新的な機械です。作り出せるものは非常に多く、様々な用途で活用することが可能なのです。
3Dプリンターの活用にいち早く乗り出した企業は数多く存在します。3Dプリンターを活用することで、様々なメリットが得られると考えたのです。
多くの企業が3Dプリンターの使い方として考えたのが、商品の企画や開発段階での、模型の作成です。
商品開発をする上で、開発している商品の完成物がどのようになるかを考慮することは大切です。
例えば、携帯型スピーカーなどを開発している場合、実際の音質などと同様に重要視されるのがデザイン性と持ち運びやすさです。
3Dプリンターを使えば、製作途中の商品と同じ形の物体を作り出すことは容易です。昨日までは再現できませんが、実際に手にとって確認することで、より使用感を実感することが出来ます。
また、企業PR用のフィギュアなどを作成することも可能です。
3Dプリンターを活用している企業の中には、外部からフィギュア作成などを受注している会社も存在します。
通常の印刷会社と同じように、3Dプリンターを効果的に利用しているのです。

企業だけでなく、大学や個人などでも3Dプリンターは活用されています。
大学では、学生の研究用に3Dプリンターを導入している所もあるそうです。
ある大学の医学部では、細胞などの模型を作成し、授業で活用しています。立体物を作り出せることで、より研究の幅が広がっているのです。
また、個人でも、フィギュアなどを自作することが用意になりましたし、日常的に必要な道具が自力で作成できるようになりました。
さまざまな分野で活用できることが、3Dプリンターが期待される一番の理由なのです。